ふぐ食品

冬に浜松へいらっしゃるお客におすすめの食通が、「野生とらふぐ」だ。
浜松、遠州灘は国内屈指の野生ふぐの漁場だ。
ふぐの中でも、最高級と言われる「とらふぐ」、天然のとらふぐが獲れる漁場なのです。
2017時代1月々から放送オープンの大河ドラマを見て、直虎ゆかりの浜松へトリップ変わるお客、冬に浜松を訪れるなら必ずふぐ食事を味わってください。

舘山寺エステでは、毎年10月々から遠州灘で獲れた野生とらふぐを食べることができます。
野生とらふぐの楽しみ方は、「てっさ」で生のまま食らうのもいいですし、寒い冬には「ひれ酒」、「てっちり」などもおすすめです。
「ふぐのから揚げ」もおいしいだ。
また幻の物とも称される「ふぐの焼き白子」、とろけるようなおいしさが理想だ。

野生とらふぐの食事が食べられるのは、舘山寺エステエリアにいる、主だった宿屋や和食処になります。
<宿屋>
山水館欣龍、宿屋九重、宿屋山喜、ホテルウェルシーズン浜名湖、かんざんじ堀江の庄。
開華亭、鞠水亭、サゴーロイヤルホテル、さざなみ館。
<お店>
和食処 松の我が家、食事民宿 松一。

野生とらふぐは、養殖のものとは違い引き締まった歯ごたえ、風味を味わうことができます。
遠州灘の野生とらふぐは今日品名となっていて、確かな出来のものだけを提供しています。
ふぐを傷つけないように釣り上げて、がたいのちっちゃなものはデビュー、脂の乗り切った成長したものだけを釣り上げている。
確かな出来の遠州灘のとらふぐ。
冬場にいらっしゃるお客は必ず冬の浜松食通の正攻法の味わいを試して下さい。

メディアにも取り上げられ、「国内新 ご当地食通選手権」で、見事に準優勝を果たした浜松で話題のご当地食通が「牡蠣カバ丼」だ。
井伊ダイレクト虎効果で注目の浜松。
浜松を訪れたら、ご当地食通も楽しみたいという他人におすすめです。

浜名湖では牡蠣の養殖が行われている。
その年数も古く、浜松を訪れるといった様々な牡蠣食事を味わうことができます。
一般的な牡蠣食事としては、牡蠣揚げ物、牡蠣鍋、牡蠣食べ物などがあります。
そんな中初々しい牡蠣の食べ方を悪戦苦闘していて、テストを重ねた利益誕生したのが「牡蠣カバ丼」というわけです。
牡蠣カバ丼は、牡蠣のある季節限定なので、冬季だけの個別食通となります。
冬場に浜松へ旅立ちの際は、どうしても食べて下さい。

牡蠣カバ丼は、牡蠣に浜名湖名物の鰻蒲焼のタレをかけたものです。
遠州産の海苔や玉ねぎも使われている。
平成22時代に牡蠣カバ丼が誕生して、牡蠣カバ丼が食べられる関与店先も増えてきています。
牡蠣カバ丼は、11月々中旬~3月々中旬まで食べることができますので、浜松へお立ち寄りの際はお近くのお店を探して下さい。

<牡蠣カバ丼が食べられるお店>
舘山寺エステ通り「松の我が家」、「ビーチ寿し」、「舘山寺園」、「喜福」、「浜乃木」。
舞浜町弁天島「ビーチ菜坊」、「山本亭」、「太助」。
フラワーパーク間近「松一」、「三州庵」、「花の散歩道」。
庭園パーク間近「一徳」。
竜ヶ岩洞内「ふるさと」。
浜松センター「浪漫舘」。
浜松市南区「はっ葉」。http://phillyrestaurantguide.net/

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ